スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡崎京子展、最終日にいってきました。

「日曜日に岡崎京子展の会場で小沢健二のシークレットライブが行われた!」というツイートを昨日ちらほら見かけまして。

オザケンの!シークレットライブ!!

しかも世田谷文学館で!


偶然居合わせた人……うらやましすぎる。

岡崎京子展についてはいろんなところで見かけるから気になっていたものの、漫画作品読んだことないし場所も遠いっちゃ遠いから行ってなかったのですが、
本日最終日に駆け込みました。

よもやただのミーハーです。


11026182_422581514570204_7540529529660831684_n.jpg


最終日とあって、やはりすごく混んでいた。


そしてとても良かった。
なんだか岡崎京子さんの生き方というか人生観みたいなものが丸っと展示されているみたいでした。
展示の最後にお見送りされるようにあしらわれた、ご本人の直近の言葉が刺さりました。


最近ひとりで展示などを見に行くとメンタルをフルボッコにされることが多く、このたびも例によってボッコボコです。

20876_422581571236865_5385975101201553976_n.jpg


電車賃浮かすために千歳船橋から歩いて帰りは祖師ケ谷大蔵から電車乗ったんですが、祖師ケ谷大蔵の街並みがとても雰囲気があって心に響き、それも一緒くたになって春の風が髪の毛をもみくちゃにするがごとく私のいまの精神状態はもみくちゃのわやくちゃです。

18482_422581531236869_7023059020797488381_n.jpg

10636258_422581587903530_3957982143868008437_n.jpg

11084286_422581551236867_7851393428425286756_n.jpg

11081107_422581604570195_7449036928437928874_n.jpg
スポンサーサイト

海老名寄席。

今日は海老名で寄席観劇でございます。


10353094_421623191332703_6678708688229228335_n.jpg



最近、仕事中にiTunesで狂ったようにリピート再生している柳家喬太郎師匠が。
海老名に。
来るってぇんですから行くしかねぇでありましょう。


11082585_421623181332704_8728200140091944723_n.jpg


ワクワクそわそわしながら喬太郎さんの出番になりますと、3列ほど前のおばさま2人が、ジャニーズファンがライブに持ってくるような派手なうちわをカバンから取り出すので驚きでございます。
うちわには「喬太郎♡きょんきょん♡」的な文字が。
きょんきょんとは喬太郎さんがマクラの初めにご自分で「きょんきょんて呼んでね」的なことを言っていたからなのですが。


なるほど、うちわね。
じゃあ私は次回は1人で横断幕でも持っていこうかしら。
ハッピの背中に「きょんきょん命」とかもいいですな。
それよりアレか、うちわじゃなくて扇子をデコるなんて、粋じゃございません?


そんなことはどうでもいいんですが、いや〜〜楽しかった〜!!
今日は古典落語でしたが、いつか喬太郎さんの新作落語が聞きたいんだー
「午後の保健室」と「歌う井戸の茶碗」をどうしてもナマで聞きたいんだー

昨日は毎年恒例「桜並木沿いにある叔母の家でのお花見」があったので、運動がてら1時間のサイクリングを敢行。


246号線を走るのは怖いのでグーグルマップさんに細い道を案内してもらいながら行ったら、最高にいいサイクリングロードでした。


ザ・のどか。


11083846_420960734732282_8360527246026949368_n.jpg



10403654_420960718065617_6162738744086981512_n.jpg

神奈川を代表するローカル線、相模線のごくごく小さな踏切を渡りまして(ローカル感だけで言えば江ノ電なんて目じゃない)、広い青空の下をのんびり走っていると酒蔵を発見。
叔母の家からさほど離れていないところなのですが車では通らない場所であり、母方の家は祖父以外お酒を飲めないので全然知りませんでした。
酒蔵の方に聞いたら150年ほど続いている古い酒蔵なんですって!
泉橋酒造さん、あらためて叔母や祖母に聞いたらけっこう有名なのだそう。

11102649_420960751398947_3534171880270884606_n.jpg


今しか飲めない生酒を買って叔母の家に到着。
味見しながら姉の旦那さんに競馬講座をしてもらいました。
すっきりしていて飲みやすく、美味しいお酒でございました。
は〜、競馬もたしなみたいもんですな。


11050234_420960778065611_7781588327275239326_n.jpg




桜はまだ早かったです。
来週末だと満開をすぎちゃうのかしら。


10561791_420960804732275_5546435746571471764_n.jpg

LINEのしょうもない会話。

大学時代の女友達との深夜のLINE。


13173_419636798198009_429880218601530276_n.jpg


奴は、仕事帰りに中華料理屋で1人、梅干しサワーをひっかけながら油淋鶏定食を食べつつこのLINEを打ったらしい。
内容がなんとも不穏である。
『独身アラサー女子』らしい言動がちゃくちゃくと増えているここ最近である。

あーお腹へった。
そうこうしているうちに奇妙礼太郎氏のラジオが終わってしまったよ。
さみしいなぁ。

肩凝り。

ここ最近、いてもたってもいられないくらい肩が凝るのです。


首を回すとゴキン!となる。
今まではこんなにひどくなかったのに。
身体が変わってくるってこうゆうことですか。


肩が、肩が肩が肩が。


fc2blog_20150324112720810.jpg

アウトドアイベントとコンサート。

昨日は1日お出かけ。


豊洲のマジックビーチなる場所で開催されたアウトドアイベント『TOKYO OUTDOOR WEEKEND 2015』に行ってまいりました。
ハタケスタジオのヨシヲさんとリエさんと共にオレンジピールの入ったしゃれおつビールで乾杯。


2015323-01.jpg


フラフラといろんなブースを見て、久しぶりに野外のイベントの空気を味わったらうっかり夏フェスとか行きたくなりました。
久しく行ってないな……行きたいなー。
ギラギラに暑い猛暑の夏フェス希望。


そのあとお二人と別れて、東大の近くにある求道会館へ。


待ちに待った、トウヤマタケオさん阿部海太郎さんのピアノ2台によるコンサートです。
美しい建築物が作り出す凜とした空気のなかに、グランドピアノ2台。


2015323-02.jpg


2015323-03.jpg


2015323-04.jpg



すばらしいコンサートでした。
たおやかに奏でられる阿部海太郎さんの和音と、心がざわつくトウヤマタケオさんの旋律。

はぁ……とっても良い時間でした。

アンコールでは、お二人がそれぞれ赤と白のミニピアノを持って現れなんとも可愛らしい演奏を繰り広げていました。

いいなぁ。
楽しんでる人って素敵ですなぁ。


創作意欲を掻き立てられるコンサートでした。
私も描くべし。描くべし。

八方池へ。

先日、山小屋取材で八方池に行きました。

すっごい天気がよくて、サングラス無しでフラリと小屋から出てうろついてたら目が潰れるかと思った……。


こんな高いところまでゴンドラとリフトを乗り継いで歩かずに来られるのです。

fc2blog_20150320101325082.jpg



fc2blog_2015032010141067a.jpg



ここから下はスキー場になっていて同行の斉藤さんと編集さんは嬉々として滑っておりましたが、私は今回で自分がいかにスキースノボに興味ないかが露呈いたしました。

ゴンドラリフトでそのまま下りてきました。
わはは。

iPhone6をお持ちの方、待ち受けにどうぞ。

先日、iPhone6に買い替えました!(けっこう前ですが…)

以前使っていたiPhone4sがですね、おどろくほど電池のもちが悪くなってしまって。
もう、とどろくほどね!
もうダメだな〜と思いつつ使ってたんですが、充電器を抜いて20分後くらいに寒いなか写メを撮ろうとしたらiPhoneが気絶したので、さすがに即刻買い替えようと思いましたよ。


iPhone6にして、毎日のスマホ生活がとっても快適です。
心穏やかに過ごしております。


ということで、自分でiPhone6サイズの待ち受け画面を作って使っているのをおすそわけです。
長いこと放置していたこのブログを誰が見ているのか……という疑問もありますが、よかったら保存して使ってやってください。

↓こちらクリックするとたぶん大きくなりまする。
ohana01.jpg


春っぽいし、けっこうキレイよ。

奇祭『裸押合大祭』に行ったあとの疑問。

ながらくブログを放っておいているのを自分のなかで反省。
更新するぞ!
更新、するぞー!!


えー、ちなみに、今年は各地の奇祭を訪ねることと、落語に親しむことを誓っています。
もちろん山にも行きますとも!!


で、ですね。


先日行った南魚沼の『裸押合大祭』
裸の男たちがどでかい蝋燭を抱えあげるシーンがたくさんあります。
※詳しい祭りの概要についてはここでは割愛!


↓こんなかんじ。かっこいい!!
11019003_407293912765631_2451052906970136576_n.jpg


14392_407347412760281_1771288152986413902_n.jpg


で、見学中の私の手に溶けたロウがボタボターッ!と垂れたのだけどそんなに熱くなかったことを思い出し、溶けた蝋燭ってそんなに熱くないものなのかしら?という疑問が。


裸押合大祭で調べてもそのへんがすぐに分からなかったので、てっとりばやく『SM 蝋燭 熱くない?』で検索すると、ソレ用に溶解点が低い蝋燭というものがあるのだそう。
仏壇用とかアロマ用のは長持ちするように融解点が高くなっているから熱いんだって。
たぶんお祭りのも溶解点が低い蝋燭で作られてるのだな、と疑問はすっきり解決。
たしかに、蝋燭の上部に溶けた蝋燭が大量に溜まるので何度も捨てていた。


さらに調べたサイト先(ごく普通の質問サイト)で蝋燭プレイの基本的な準備やこころ構えも書いてあったので今後のネタとして読んでみる。
火傷防止にはまず、ソレ用の熱くない蝋燭を選ぶこと、筋肉や脂肪に覆われている部分に垂らすこと、高いところから垂らすことで落ちる間にロウが冷えるのでまずは高いところから(お仕事でやる人は垂らす高さで相手の耐性を見るのだそうな)、それと事前にローションを塗っておくことが大事なのだそう。
ローションはもちろん火傷防止にもなるのだけど、終わった後に固まったロウが取れやすくなるという効果もあるんですって。
なによりロウが毛に絡んだりしたら取るのが本当に大変だそうで、そこでもう一度思考回路が祭りに戻る。


祭りで上半身裸の男性たちを見ていて、ふと「つるっつるで毛が全然ないなぁ〜」と思ったのですよ。
それって、蝋燭かぶるからだったのかしら。
祭りの前日は上半身剃毛大会なのかしら!?
それともただたんに、今どきの若い男性(地元の青年団が取り仕切るので蝋燭を持つのは主に29才以下と思われる…たぶん)は体毛が薄いのかしら。
もしや土地柄!?寒くて雪が多い地方の男性は体毛が薄いとか!?
もしくは、大衆の目を気にしての剃毛大会なのか。


これはさすがにネットじゃ分かりませんでした。


そんなわけで、資料なしでSMプレイを思い出しラクガキ。
SMプレイの実態はよう知りません。


sm01.jpg

木蓮の。

フサフサと産毛が生えた大きな木の芽、通勤中にちらほら見てなんだか美味しそうだわ~なんの花が咲くのかしら~と思っていたら、木蓮でした。





木蓮の蕾みってこんなんなのですね。
好きな花だけど知らなかった。

ちょうど昨日テレビでやった高畑監督のかぐや姫の最初の方、春の芽吹きが描かれているところで、このフサフサな蕾みから木蓮の花がむくむくと咲く場面がありました。

あんな…あんな美しい背景が描けるようになりたい……。
背景…私にとっては大きな課題であります。
sidetitleプロフィールsidetitle

まぐみ

Author:まぐみ
神奈川県在住、登山好きなイラストレーターです。

山の雑誌を中心に活動中。
児童書や広告のお仕事などもしています。

最近はキノコ採りや山菜採りも覚えました〜。
今はじめたいことは、サーフィンと、観光地に点在する謎な観光施設巡りです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleメールはこちらから。sidetitle
お仕事のご依頼、その他でも、なにかありましたらお気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。